ほのかにアートな東京ライフ。都内でわさわさ働くまりもの日記。趣味は海洋生物、フランス系芸術、音楽、写真。Copyrigt-©lamusique All Rights Reserved. lamusique@excite.co.jp


by lamusique
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ビスコンティ

今年はルキーノ・ビスコンティの生誕100周年。
文化村の映画際に赴き、目をさらのようにして『山猫』を見てきた。

正直に言おう。
私は「山猫」の示すところのなんたるかを考えることもなく、ただひたすらに調度品と衣装の素晴らしさに目を奪われて2時間半を過ごした。思えば、学生時代にフランス芸術に傾倒したのもバルザックの小説にみる18世紀ブルジョワジーの豪奢な衣装の描写に心酔したからで、私がこの映画を一種偏った形で鑑賞するのも当然のこと。映画の舞踏会シーンの長さに辟易する友人をよそに、私はこれをたっぷりと堪能、満喫した。

パリ留学時代来の友人オクサナちゃんは東欧の国の元貴族階級出身で、彼女が友人を紹介してくれる時には必ず、その友人が「ブルジョワ」もしくは「貴族」のいずれに属する人間かということをこっそり耳打ちしてくれた。当時は、いまや廃れてしまった階級がいかほどの価値を持つのか、私には知る由もなかったが、映画の主人公ファブリッツィオの思いを鑑みれば、彼女の行為の意味も少しだけ理解できるような気がした。

とはいえ、世が世なられっきとしたお姫様だったオクサナちゃんが、なぜ私のような異国の平民と好んで遊んでいたのかは、いまだによく分からない。

『ルートヴィヒ(やや長)』と『イノセント(ちょいエロ)』も見にいくんだ♪
楽しみ。
[PR]
by lamusique | 2007-09-30 23:11 | 本日のまりも