ほのかにアートな東京ライフ。都内でわさわさ働くまりもの日記。趣味は海洋生物、フランス系芸術、音楽、写真。Copyrigt-©lamusique All Rights Reserved. lamusique@excite.co.jp


by lamusique
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:本日のまりも( 109 )

春です!

こんにちは、いきてます(・∀・)。
ブログは更新してませんが。

長い冬眠からさめまして、春をめでたく迎えつつあります。
本年もどうぞよろしくね053.gif



2009年、私の春は青梅市の吉野梅郷にはじまりました。
淡いピンクのグラデーションが小高い丘に広がるさまは素晴らしく、まだ肌寒い空気に凛とはえる小梅の花びらは、愛らしくも力強く感じました。



今夜は豆ご飯。
さやから豆をとりだて、お酒と昆布を用意している時間ってミス割烹着美人っぽくてイイ!(着てないけど
春やなあ、春やわあ!
[PR]
by lamusique | 2009-03-27 23:03 | 本日のまりも

す、すきです。

秋です。
すすきの季節です。

車に乗って箱根の仙石原へ。
e0077648_22231287.jpg


一面すすき。
e0077648_22154644.jpg


こっちもすすき。
e0077648_22221261.jpg


すすきの原っぱを左右にみながら歩くことができました。
温泉のメッカ箱根に来たにもかかわらず、温泉にたち寄ることもなく、ただひたすらにすすきを眺めて帰宅しました。

殿:「すすきは素晴らしい!」
[PR]
by lamusique | 2008-10-04 22:21 | 本日のまりも

海!

海、見てきた。
e0077648_148885.jpg




昼過ぎにおきたかと思えば、「海にいきたい!」と突発的な提案をする私に呆れることもなく、「じゃあ、いこうか。一時間後に迎えにいくよ。」と、穏やかに返答する彼の寛大さにはいつも頭が下がる。

海にゆけば、様々な人ありけり。
夏の暑さだというに、イカした皮パンに厚手のパーカーを纏う彼氏と、全身ブラックのこれまた分厚いトレーナー生地に覆われた彼女の秋仕様カップルに見入ったり。禁止区域で網漁を終えたアマ猟師がまだ息のある雑魚を砂浜に打ち捨てるサマに腹をたてたり、波打ち際を走る親子の姿に目を細めたりして、ひねもすのたる海の様子とは裏腹に、私の心はせわしなく動き続けた。



遠くに見える船に心ときめいた。大海原を渡ってこれから見知らぬ土地に向かうのだろう。
キラキラと煌く水面をはね飛ぶ小魚の勇士は、海が、地球が、私が今日も生きていることをおしえてくれる。だから海ってすきなんだ。
[PR]
by lamusique | 2008-09-20 23:13 | 本日のまりも

音楽

某歌手のお誕生会に行って来ました。
「こんお兄さん、あんま好きじゃない」と思っていた男性歌手のとある歌を聴き、「あぁ、本当は憂しい人なんだ」とひそかに親近感を持ったのがはるか昔の幼き日。そんなブラウン管の中の人と、今こうして一緒にカラオケに行き、踊り踊りながら明け方の光を共にみるようになるとは、人の縁って本当に不思議なもんです。



私はしがない会社員ですが、どんなシリアスなビジネスに直面しても、ヘビーな相手と会食に出かけることがあっても、相手との距離を縮め、ビジネスを成功させるべく私を助けてくれるのは、人生の中でほんの少しの時間だけ真剣に取り組んだ音楽とアート、それからテクストの世界で、この縁もなかなか不思議なものだと思っています。

不思議なことってのは結構たくさんあるものですけど、ピンっときたことっていうのはあながちバカにできない”正しさ”を持ってます。だから、これが好きだ!という感情を自覚した時は、バカバカしくもその気持ちに正直にまっすぐ向かっていけばいいと思っています。その感情が芽生えた事実には、必ず何かしらの良縁がくっついているような気がするからです。



もう20歳だ、もう25歳だ、もう・・と、年齢を重ねるごとに思うものですが、ここにきてようやく老人がよくクチにする「遅すぎることなどない」という言葉が気休めではなかったと理解できるようになりました。

若い時というのは、よほど視野の広い参謀が傍にいないかぎり、世の中のかけらほども見えていない(あるいはそうした状況に陥りやすい)ものです。だから、年を重ねて経験をつむごとに考えが変わるのは当然のことだし、後から後から悔やまれることがたくさん現れるのは必然で、むしろ成長したことを喜ぶべきでしょう。もしも、「あれ、今オレやばくね?」と思う日がきたなら、そこできびすを変えすなり、方向転換するなり、足を洗ってみるなり、単純にやり直せばいいことなのです。

いつでもいい。真剣に、何かを愚直なまでに追求した人は、その先どんなことでつまずいたとしても、きっと本来の自分に立ち返ることができるはずだと、私は思います。ほんの数年の経験からくる強みなんて屁でもない、長い人生においては、自らの意思こそがすべての鍵を握っています。



いつまでも、愚直なまでに好きなことを追求したい。
人生の最後の日には、一生をかけて奏でた”音楽”を満面の笑みで聞く自分でありたい。
自戒の念もこめて、ココに今日、記します。
[PR]
by lamusique | 2008-09-10 14:49 | 本日のまりも

ハゲタカ・リベンジ

今さらながらに「ハゲタカ」を買ってみた。会社の行き帰りにチョコチョコ読む程度なので、やっとこさ上巻を終えたところで一向に先に進まないのだが、人望厚くて仕事ができていい女が彼女で、小憎たらしいことにジャズピアノまで弾ける鷲津という人物は男も女も憧れるいい主人公として描かれている。

ビジネスの世界で、こんなに旨く話が進んで行くことはそうそうない。ドロドロとした部分も描き出されているが、実際はこんなものじゃないはずだ。ビッドで負けた側の苦悩とその後始末の悲惨たる様も描いてほしい。それでも、この作品のいいところは、あたかも自分が登場人物の一人であるかのように錯覚させる臨場感や、登場人物の持つ独特の趣味や世界観が物語の幅を広げているところだろうか。



昔、好きだった人が某外資系投資銀行に勤めていた。仕事の話は滅多にしなかったが、ほろ酔いになると話す彼のディールは100億を超え、聞いているだけで目がチカチカするような気分になったのを覚えている。来る日も来る日も「忙しい」と言われて会うこともままならない状態が続き、彼の言葉を信じられなくなった私はほどなくして別れを告げた。

後に、彼と同じ会社に勤め、オフィスでは斜め前に座っていた大学時代の友人と話をした時に「そんなに忙しいものかな」とこぼすと、「俺でもフルで時間があくのは2ヵ月後。体調が悪いと言えばタクシーで駆けつけるほどだったのに、疑われる先輩がかわいそうだ。」と呆れられて、もはや連絡の取れなくなった彼に対して突如として押さえていた何らかの感情がわき上がったのを思い出す。

その感情が、いつだって私の事情を憂先してくれた彼に対する感謝からくるものなのか、それとも二人の間に愛はあったのだというセンチメンタルな安堵感からくるものだったのかはもう分からない。実を言うと、それから一年ほどして彼から連絡があり、何事もなかったかのように時折食事に出かけたりする友人になったが、その時のいきさつはお互いに口にしたことがない。厳密に言うと、彼は「何かしようとしたが、できなくて辛かった」とだけ言い、私は「大好きだった」とだけ答えた。共に過ごす短い時間を、過ぎたことへの文句で埋め尽くしたくないという大人ぶった理性が結局は二人の関係に永遠の終止符を打つことになってしまったらしい。



思いつくままに昔話をつらつらと書き綴ってしまったが、何故彼なのかというと、本のタイトルを見た時に彼が何気なく言った一言が思い出されたから。付け加えれば、世間サマがハゲタカブームに湧いていた時にはまだその本を手にとれるほど失恋の傷が癒えておらず、今になって今さらのハゲタカリベンジに走ったというわけだ。

――「親御さん、俺と付き合うの嫌がってないかな。ハゲタカ産業だから不安でさ。」
[PR]
by lamusique | 2008-09-10 14:14 | 本日のまりも

ご報告。

英文字”ワイ”のキーが壊れてから、PCからとんと遠ざかっておりました。
”今日は”と打ちたい時は、”イマニチ”と打たないといけない煩わしさ。めんどっちなのであります。本日は、怒涛の変換技でブログを更新します(一部、未対応)。

まずは諸報告、ということで。
川村記念美術館(千葉県佐倉)に赴いて、美術品と広大な庭に群生する夏のひまわりを鑑賞し、
②友達の転職祝いをして感慨深い思いにひたり、
③東京湾岸華火大会を、お台場のレストランで「うふん」とか「あはん」しか言わない隣のうっとりカップルを鑑賞しながら鑑賞し、
④会社の人々にお誕生日会を開催してもらって宴会芸を披露し、
⑤「お誕生日プレゼント。」銀座の交差点でオレンジと黄色の花束をもって私を待つ彼の姿と、サプライズのジュエリーを身につけて感激し、
⑥友達と資格試験のための「学ぶ会」を発足させ、
⑦表参道の某美おう室に行ったらモッサリ・モガ・ヘアーにカットされてしょんぼりし(スタイル維持中)、
⑧会社で来年度の昇進を通告され、使わなソンとばかりに安月給のまま上司にウントコサこきつかわれて体を壊し(通院中)、
⑨久々に帰省した実家の窓から見える山並みと庭の草花が美しくて泣き、
⑩先日、映画「SEX AND THE CIT"ワイ"」を鑑賞して、何かがあった時に回帰できる人生の軸を見つけないとダメだ!と痛感して、

わたしの夏は終わりました。


今日は、秋口だというのにカンカン照りですね。
わたしは有給もらって家で涼んでコソ勉してるわけですけど、みなさんも体調くずさないおうに、お日様対策してくださいね。
[PR]
by lamusique | 2008-09-03 13:22 | 本日のまりも

バロック。

e0077648_1152130.jpg今夜は同僚のお誕生日パーチー。世代と性別を超えてプライベートで仲良くできる友人が社内にいるってのは有り難い話。

帰りがけ、「送り狼になるなよう」とはやし立てられた超イケメンのA男君は、私をちらりと見て「ああ、全然大丈夫。はっはっは。」と笑っていて、なんとも私達らしい関係だなあと思った。こっちかて全然大丈夫やわ (´゚'Д゚`)!

電車に揺られてどうでもいい話を延々、爆笑しながらの帰宅。来週は、数人で研究会なんぞに参加することに。切磋琢磨して成長していけたらいいな。みんな勉強好きなとこもグゥ。

人ってのは、互いに不思議な関係を築いていく面白い生命体だなあとつくづく思う。”平均律的”でいて”バロック的”にくみ上げられていく人模様は芸術的ですらある。へんなの。友人に同意を求めたら「変態的思考」だと敬遠された。
[PR]
by lamusique | 2008-05-24 01:24 | 本日のまりも

一山こえて、また一山。

慌しい一ヶ月ももう後半にさしかかった。出会いと別れと再開がひしめく落ち着きの無い日々に、今はやや食傷ぎみ。優しい同僚と食べるランチタイムすら今は控え気味で、出来る限り一人の時間をとるようにしてる。そうじゃなきゃ、会食・残業・パーティにと一生誰かと時を過ごすことになってしまう。最近じゃ、おたふく顔の上司サマまでが夢に顔をだすようになったもんだから、24時間オフィスアワーで落ち着かないんだっての。

いやいや、これは断じて5月病ではない!ないぞ~( ゚ д ゚)!!



先日、シャネルがオートクチュール・コレクションを発表するまでの数日間を撮影したドキュメンタリー映像を見て、思いのほか心が浮き立った。見てるだけでウキウキとして、ニヤニヤと意味の分からない微笑をたたえながらPC画面に向かう私は、やっぱりこういう世界がすきなんだなあと再確認した。

「人間に限界はない」し、「人生一回きりだから好きなことをすべき」だし 、「一度のチャンスを逃したら、もう未来永劫こない」かもしれないとを考えると、私はもう一度人生を真剣に考え直さなくてはいいかんだろう。思い込んだら命がけ、そういう気概もいつまで持ち続けられるか分からないから、これも年内に片付けないと。人生は、自分で納得しながら一歩一歩歩みを進めないと意味がない。自分が納得しているという事実が大切なんだ。



最近、仕事で。
ブランディング(ブランディングゥ~♪)にかかわるプロジェクトが始動して、何故かまた顔をつっこむことになった。ブランド・イメージを的確に伝える”表象”を抽出する作業はなかなか楽しいのだけど、これに既存のイメージとはかけ離れた新たな何かを付け加えたい場合は、両者のギャップうめに苦労しそうだなあと日々ムンムン考えてます。

与えられたことを一生懸命に追求することも大事。らしい。
[PR]
by lamusique | 2008-05-23 01:44 | 本日のまりも

お化粧はタブー。

e0077648_2591744.jpg

ああん、ついにこんな啓発広告が・・。もうできない
個人的には、満員電車で縦折りした新聞を読む人の方が迷惑だと思う私です。

そんなことより、昨夜は人生で初めてジンギスカンを食べました!ウンマイです(´∀`)。
サイドメニューの玉ねぎスライスが、本当にスライスしただけの代物だったのが笑いを誘ったけれども、タタキもイケたし、とにかく満足。カラオケに行って、エグザイル歌ってウザイルって言われつつ花の金曜日を満喫しました。それにしても、恵比寿はいつになく凄い人やった。ボーナスってまだdayone?
[PR]
by lamusique | 2008-05-18 03:10 | 本日のまりも

ボトル

接待でクラブに行ってカラオケ歌ったら、別のテーブルに座っていたどこかのおじいさんが私にボトルをいれてくれた!「お歌の上手なお嬢さんに」やって。こんなことってあるんですね。息せき切って挨拶にいったら、ごくごくシンプルだけど小粋なメッセージをいただいて、大袈裟でなく、本当に生まれてきてよかったと思った。私、今日という日をきっと忘れないと思う。

世界の架け橋に、なれるよう精進するよ。

ありがとう、おじいさん。



飲みにけーしょんってのは、あながち間違った交流方法ではないらしい。普段とは違う空間で、普段とは違う会話を交わすことで、普段は見えない互いの一側面に触れてみる。下手すると半年真面目に討論しあうより理解しあえる瞬間もあるのだから、馬鹿にできない。人生の大先輩にいたっては、飲み方一つで計り知れない何かを見抜いてしまっているようだ。



良い職場ってのは、人間関係が良い、ということじゃないかと最近気がついた。福利厚生が高い、給料が高いということも、人間らしく生きるためには必要不可欠なんだけども。
[PR]
by lamusique | 2008-05-14 02:28 | 本日のまりも