ほのかにアートな東京ライフ。都内でわさわさ働くまりもの日記。趣味は海洋生物、フランス系芸術、音楽、写真。Copyrigt-©lamusique All Rights Reserved. lamusique@excite.co.jp


by lamusique
カレンダー

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

007

♪ドンデケデンデーン・ダンダンダン、ドンデケデーン・ダンダンダン♪
MI6がスパイ募集(・∀・)!!

↓こんなにも堂々とスパイを募集する時代、ついに到来。
MI6が新聞広告でスパイ募集=100年の歴史で初-英
>募集職種は事務、分析官、語学専門家のほか、「作戦要員」などとなっている。 

「作戦要員」がいわいるスパイ?
幼稚園の頃にはよく作戦をこねました。
今はただただ手をこまねいています。
なんて言ったら落とされるんだろうな、ハハ・('A`)。



MI6といえば、バンコランが所属する英国屈指の秘密情報機関

e0077648_602733.gif←バンコラン
「アイシャドウは紫にかぎる。」





その他にも007のジェームス・ボンドがいたりして、
MI6って結構濃いメンツ揃えてるのね。いずれも架空の人物だが
いずれボンドガールを募集したら応募してみよ。んなわけない!←タモリ風

e0077648_624204.jpg
←昔のボンドガール(・∀・)!
かわいいお洋服だに。
[PR]
by lamusique | 2006-04-28 06:28 | たわいないお話

六本木ヒルズ

e0077648_145198.jpg

六本木ヒルズの南翔饅頭店で、ショウロンポウ食べてきた(´∀`)。

上海本店で絶大な人気を誇る老舗、と聞いていかずにはおれまい。
海老と豚のショウロンポウ、どっちもたべた。ウマカッタ!
精進料理のおまんじゅうもおいしかったよ。



満腹になったところでショッピング。
ミハエル・ネグリンで耳飾を購入しようとしたら
「このタイプはどうしてもヤリングにできません。」と、言われて泣く泣く諦める。

私、実はピアス穴を開けたことがない。
これって、反抗期に反抗できなかった証。笑



夕方から『クラッシュ』っていう映画を見た。
深いね。
音楽もいいよ。

More>>
[PR]
by lamusique | 2006-04-23 23:37 | 映画

丸い体は四角くする

丸い? 
そうでもない。

たわんでる? 
まだそこまでじゃない。

なんてな事をいいつつ3週間、駄菓子を食べまくっていたら5キロも太ってしまった。
むくむくむく。 



で、ピッチピチの23INCHデニムを、無理やりひっぱりあげてはこうとしたら、
「バキッ」という音とともにチャックが全壊

ウワァアァァァァ(  Д ) ゚ ゚ !?!?

って一瞬思ったけど、実際のところそんなに気にならなくて、一人で大笑い。
「丸くなった顔も穏やかそうでいいじゃない」
なんて呑気に構えていた丸い人、ココにありけり。

ああ、しかし。
最近、足が太くて正座がうまくできません・・(´д`)。
最近、まともに着れる服が2着(←リアルや)しかありません・・(´д`)。
ヒロシです!

ついにダイエット敢行ね。
でも、明日はおいしいショウロンポウを食べにいく約束があるのよ。反省の色なし
そんなわけで、この大事な山場(?)をこえたら、超絶ダイエットはじめます(・∀・)。
丸い体をシャープにね!四角く、四角く。


丸い体を四角くする、とかけて痩身術と解く。
その心は・・体積に変化はないけど、正座はしやすくなる!とな。イェイッ♪)
[PR]
by lamusique | 2006-04-21 00:54 | 本日のまりも

おっ○いぷるるん社。

テレビ見てたら、新手の振込み詐欺の手口を紹介してた。
実際にかかってきた電話を録音したものを流していて、犯人は

「もしもし、おっぱいぷるるん社のウンチャラ担当、○○ですが。」と自己紹介。


おっぱいぷるるん社って・・・・ (´゚'ω゚`)


こんな電話かかってきたら、取立て云々とかどうでもよくなって、まずはつぶやくよね。
「おっぱいぷるるん・・」って・・。
だいたい、「あなた、いきなり電話をかけてきて、おっぱいぷるるんなんて言ってて恥ずかしくないんですカッ?」みたいな。
[PR]
by lamusique | 2006-04-17 02:06 | 本日のまりも
速水御舟の日本画が見たくて、千代田区にある山種美術館へ。

ところがどっこい、見たいと思っていた作品が展示されていなかった。
常展を設けず毎回テーマにそった展覧会を開催するが故に、所蔵している作品もしかるべきテーマ展がくるまでお目見えしないのだとか。

思わず膝から崩れ落ちて頭を抱えてオイオイと泣くところだったけど、それではあまりに大人げないので、「アアン、出し渋りするのネェ(´д`)!」と、心の中で小さくつぶやくにとどめた。



今期は『桜』がテーマ。
日本は四季折々、芸術作品も楽しみ方があるからいいやね。
でまあ、こうやってぐるりと見渡していくと、やっぱり東山魁夷は洗練されてるとか、伊東深水は構図色彩がこ洒落てるなんてイッチョマエに感想を述べつつ其々の春・桜画を楽しんできた。
実は日本画って全然知らないんだけども、その色彩と、西洋画とはまた一味違った「アイコン」的な要素(?)にとても惹かれる。

近いうちに速水と福田平八郎の作品を見てみたいな。
速水の作品は格好良い。福田の作品はなんともいえず愛らしくてかつ品が良いと私は思うのであります。

↓こちらは、上村松園の『春のよそをひ』
e0077648_30949.jpg

1875-1949(明治8-昭和24)
女性が描く美人画もまた魅力的かな。



帰りがけにウィンナーとドイツビールを買って、妹と自宅で「ドイツ風ワッハッハディナー」。

ドイツビールっていうと、陽気なドイツ人が大ジョッキ片手に「ワッハッハ~」って言いながら右や左に揺れているイメージがあるよね。←勝手な思い込み。

せっかくだし再現しようてなわけで、二人で揺れながらワッハッハ~してウィンナとビールをウマイウマイと食べたのさ(・∀・)。グーーート(ドイツ語:オイシイ)!
[PR]
by lamusique | 2006-04-16 21:38 | 美術館めぐり

着信音


静寂に響く九小節の奏。

君と私をつなぐ旋律は、あまりにも儚くて。
[PR]
by lamusique | 2006-04-13 01:41

音楽

三島由紀夫の『音楽』に音楽を感じることができなかった中学時代。
今は亡き作者の本意をくみとるなど、およそ私の能力の及ばないところなのだけど
今なら、あれが奏でる”音楽”を僅かにでも感じとることができるだろうか。


このところ、プッサンの絵にむしょうにひかれる。
絵にひかれる、というより、彼の心情に興味があるのかもしれない。
言葉を、物語を綴るように描く、一人の画家の哲学に。
[PR]
by lamusique | 2006-04-11 01:22 | 読書