ほのかにアートな東京ライフ。都内でわさわさ働くまりもの日記。趣味は海洋生物、フランス系芸術、音楽、写真。Copyrigt-©lamusique All Rights Reserved. lamusique@excite.co.jp


by lamusique
カレンダー

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

そうなんかい。

すいきんちかもくどてんかい!

本日、世界天文学連合にて冥王星の降格が決定しました。
長年慣れ親しんできた「どてんかいめい」節が無くなると、ちょっともの足りない。
ちなみに、冥王星という日本名の名付け親は野尻抱影氏。遠く遠く地の果てにある星、冥界に近い星、ということで冥王星となづけられたそうです。

占い師はどうするんでしょうか。
冥王星人の友達は悩んでいました→「私の星が惑星じゃなくなった~。」



コンビニで牛乳買ったら、ストロー一本つけてくれた。
ストローには、”LONG STROW FOR DRINKING”って書いてある。一リットルパックをストローで飲む人っているんやね・・ワイルド~。
[PR]
by lamusique | 2006-08-26 22:47 | 本日のまりも
かぁわいい~♡
癒されます( ´∀`)つドウゾ→

食べてるだけなのにね。笑
[PR]
by lamusique | 2006-08-23 05:35 | 本日のまりも

ただいま。

e0077648_22104685.jpg


先日まで、実家に帰省していました。
実家のある最寄り駅に降り立った瞬間、夏草の甘い匂いを感じて嬉しくなりました。

夜はベランダに出て虫の声に耳をかたむけ、朝は早くから鳥がさえずる庭を散歩して、だんご虫が懸命に実の上へとよじのぼる様や、2匹の蝶々が背の低い木々の上でたわむれる様子を、いとおしい気持ちで眺めて一日を過ごしました。

e0077648_22163539.jpg
←前庭の飛び石。
昔は玉砂利が好きではなかったのだけど、今はこれも良いナと思う。
[PR]
by lamusique | 2006-08-17 22:25 | 本日のまりも

花火

神宮前の花火大会を見てきた。
最近の花火ってキラキラと煌くものが主流なんだね。
ぺリドット色と銀色のコンビネーションがとても綺麗だと思った。



某国の外交官に「日本の花火は長い」と言われて、「はてな。」と思う。彼の祖国では30分ほどで終了するのだとか。

おそらく日本の花火大会ってのは、花火そのものを楽しむだけでなくて、家族やご近所とのコミュニケーションの場でもあったから、ゆるりとお弁当を食べるぐらいの時間をかけて鑑賞するのが当たり前になっているのではないかと思うのね。いや、適当だけど。

そういえば、幼少の頃は一年に一度の花火大会をすごく楽しみに待っていたっけなあ。川原の土手に御座ひいて、祖父に買ってもらった綿菓子を片手に夜空の花を眺めていた事を思い出した。花火の種類は今ほど豊富ではなかったけど、家族・親戚でお弁当もって見に行く花火大会にはなんともいえない懐かしさがあって、思い出すとなんだか嬉しい気持ちになるよ。
[PR]
by lamusique | 2006-08-16 23:53 | 本日のまりも

カフェ。

e0077648_0334722.jpg
日比谷公園内の可愛いカフェでお茶してきた。ラブリーな空間に、霞ヶ関勤務のおっちゃんグループがちらほらと。

そういえば、父親とでかけると驚くほどラブリーなカフェに入りたがったりする。枕カバーも「レースのがいい。」とリクエストするし・・。

一見渋好みそうなオジサンも、実はこうしたラブリーな空間に身をひたしてみたいと思ってるのかも。






某機関の留学生担当部署は、「人物交流室」というらしい。ほほう、人間が交流する様がイキイキと表現されたネーミングですな。

ちと生生しいが・。
[PR]
by lamusique | 2006-08-09 19:08 | 本日のまりも

公園。

e0077648_17392976.jpg←広尾の有栖川記念公園付近。

うっそうと茂った緑。
ミ"ンミ"ンパワー全開の蝉。
いよいよ夏本番といった風情です。


今日は朝から中央図書館へ。
全面ガラス張りの一階フロアからは公園の木々が見えるの。大地にしっかりと根をはった植物の姿を同じ視点から望む、こんな当たり前の景色を新鮮に感じるのは、体が自然を渇望しているからかな。
[PR]
by lamusique | 2006-08-09 17:55 | 本日のまりも