ほのかにアートな東京ライフ。都内でわさわさ働くまりもの日記。趣味は海洋生物、フランス系芸術、音楽、写真。Copyrigt-©lamusique All Rights Reserved. lamusique@excite.co.jp


by lamusique
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マイクロミニ・マジック

鈴虫の鳴声が聞こえてくるようになりました。
日が落ちるとすっかり涼しくなりまして、はや秋の風情が感じられます。

そんなわけで、顔模様(?)も秋色へと変化中。シャネルのチーク、アイシャドウ、あとはクレド・ポーの下地やらファンデを秋仕様で揃えました。今年はリップの色をボルドー気味にして大人っぽくしたい。



で、帰宅途中の電車の中。

マイクロミニのパンツからスラリと伸びたナイスおみ足を颯爽とのばして歩く美しいハーフ風のお姉さんが目の前に座りました。ビビアンのゴールドミュールがお洒落だわ、片肌ぬいだトップスが色っぽいわで、疲れOLの私は久々の目の保養とばかりに釘付けになっておりましたが、ふと座席の端っこに目をやれば、大学生くらいの若っプルが口喧嘩の真っ最中。

彼女「ちょい、何みてんのよ。ちょい!」

彼氏「え、だって、ほら、あれー。」

彼女「ちょい!」 

彼女はそう言ったかと思うと、彼氏の首とあごを両手でむんずと掴み、綺麗なお姉さんに釘付けになっているその顔面をコマのごとく回して自分の方へと向けようとしている。スゲェ(・V・)!

しかし、まだまだ抵抗する彼氏。首をまたくるりと戻し・・

彼氏「だって、ほら、ほら!」

彼女「こおの、スケベやろーう。」

と、また首をむんずとする。


・・・と、まあそうこうするうちに、綺麗なお姉さんは某駅で降りていってしまったのだけど、若っプルのかわいらしい痴話げんかに微笑ましい気持ちになりました。や、当人は真剣なんかもしれんけど。

どうもね、男の人って見てしまうものらしいよ。好きとかそういうの関係なしに。と、言ってあげたかったりなかったり。あんまり彼女を心配させんと仲良うしてください(^^)。夏の終わりの一コマでしたー。オチなし!
[PR]
by lamusique | 2009-08-26 00:47 | たわいないお話

花火

花火は金糸、もしくは銀糸がきらきらと天空から降り注ぎ、煌きの残像を残してゆっくりと消えていくものが好きです。

↓下の方にけむりかかった。ガーン。手持ちで夜の撮影は厳しィ。やっぱり三脚は必需品ですワナ。
e0077648_3334712.jpg


e0077648_334067.jpg

[PR]
by lamusique | 2009-08-20 03:35 | たわいないお話
1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下されました。およそ14万人にも上る罪無き死者を出したこの日の事を、日本人として、また世界人としても忘れてはいけないと思います。

デザイナーの三宅一生は、2009年7月14日付の『ニューヨーク・タイムズ』への寄稿(A Flash of Memory)の中で自身の被爆体験を初めて公表しました。2009年4月にアメリカのバラク・オバマ大統領がプラハでおこなった『核廃絶』(これまでの大統領は『核の縮小』までしか言及しなかった)についての演説が、「語ることに気乗りしなかった、自分の内側の深い場所に埋もれていた何かを呼び覚ました」のだそうです。彼はこの手記の中で、毎年、原爆投下の時間に合わせて黙祷を捧げていると述べ、またオバマ氏には未来のためにも是非一度式典に参加してほしいとうったえています。世界に名をはせる三宅がこうした手記を発表したことには大きな意義がありますね。

一つ喜ばしいこと。
麻生首相は今年、原爆症の認可を得られず国の補助を受けられずに訴訟をおこしていた被爆者300人全員にこれを認めるとしたこと。外国への莫大なODAも良いのですが、日本にはまだまだ困っている人がいますからね。歴史的にも非常に意味のあることだと、その迅速な対応に関心しました。

幼い頃にはさして興味をいだかなかったこの夏の一日について、このところより深く考えることが多くなりました。さまざまな想いがつむがれた命の重みは計り知れないものです。戦争はよくない、あやまちが云々というありきたりな道徳的言説はおいておき、日本という国に生まれ、日本に育ててもらった日本人として今、やはり忘れてはいけないこと、世界にうったえていかねばいけないこと、守っていかなければいけないことがあるのだと痛切に感じる次第です。

慎ましく黙祷をささげます。
2009年8月6日

-------------------

以下、ニューヨーク・タイムズに寄せられた三宅一生の手記。

『A Flash of Memory

Sign in to RecommendSign In to E-Mail Print ShareClose
LinkedinDiggFacebookMixxMySpaceYahoo! BuzzPermalinkBy ISSEY MIYAKE
Published: July 13, 2009
Tokyo

IN April, President Obama pledged to seek peace and security in a world without nuclear weapons. He called for not simply a reduction, but elimination. His words awakened something buried deeply within me, something about which I have until now been reluctant to discuss.

I realized that I have, perhaps now more than ever, a personal and moral responsibility to speak out as one who survived what Mr. Obama called the “flash of light.”

On Aug. 6, 1945, the first atomic bomb was dropped on my hometown, Hiroshima. I was there, and only 7 years old. When I close my eyes, I still see things no one should ever experience: a bright red light, the black cloud soon after, people running in every direction trying desperately to escape — I remember it all. Within three years, my mother died from radiation exposure.

I have never chosen to share my memories or thoughts of that day. I have tried, albeit unsuccessfully, to put them behind me, preferring to think of things that can be created, not destroyed, and that bring beauty and joy. I gravitated toward the field of clothing design, partly because it is a creative format that is modern and optimistic.

I tried never to be defined by my past. I did not want to be labeled “the designer who survived the atomic bomb,” and therefore I have always avoided questions about Hiroshima. They made me uncomfortable.

But now I realize it is a subject that must be discussed if we are ever to rid the world of nuclear weapons. There is a movement in Hiroshima to invite Mr. Obama to Universal Peace Day on Aug. 6 — the annual commemoration of that fateful day. I hope he will accept. My wish is motivated by a desire not to dwell on the past, but rather to give a sign to the world that the American president’s goal is to work to eliminate nuclear wars in the future.

Last week, Russia and the United States signed an agreement to reduce nuclear arms. This was an important event. However, we are not naïve: no one person or country can stop nuclear warfare. In Japan, we live with the constant threat from our nuclear-armed neighbor North Korea. There are reports of other countries acquiring nuclear technology, too. For there to be any hope of peace, people around the world must add their voices to President Obama’s.

If Mr. Obama could walk across the Peace Bridge in Hiroshima — whose balustrades were designed by the Japanese-American sculptor Isamu Noguchi as a reminder both of his ties to East and West and of what humans do to one another out of hatred — it would be both a real and a symbolic step toward creating a world that knows no fear of nuclear threat. Every step taken is another step closer to world peace.』
[PR]
by lamusique | 2009-08-08 19:22 | ファッション雑談