「ほっ」と。キャンペーン

ほのかにアートな東京ライフ。都内でわさわさ働くまりもの日記。趣味は海洋生物、フランス系芸術、音楽、写真。Copyrigt-©lamusique All Rights Reserved. lamusique@excite.co.jp


by lamusique
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

梅の咲く頃に

梅が花芽をつけた。
柔かな空気をふくんだ小さな蕾の中には、はちきれんばかりの喜びが詰まっているような気がする。

e0077648_204213.jpg


e0077648_20465627.jpg




年明け、何故か妙にすわった肝とまだまだ大きな不安を扱いきれぬままに東京に戻りましたが、人の優しいこと、雑多な所用、友人のとりとめのない恋話、草花と寝食をともにすること(?)に遊ばれながら、毎日をかみしめるようにして過ごしています。

新しい部署、新しいポスト、新しい上司、環境のすべてが刷新されたことで、新たな気持ちで毎日を捉えられるようになったのかもしれません。

中世騎士の衣装がよく似合いそうな外国人上司はまだ若くてハンサムで、陽気で、穏やかで、鋭利な刃物のように鋭い。部下にプロジェクトを任せる際には、その人物がビジネス全容のどこを担っていて、何のために、どこに向かって走っているのかをコードすれすれまで深堀して話してくれる。絶対の信頼を寄せながら、時に背中をおし、時に前にたちはだかって守ってくれる。こんな風に頼りあるレスポンスをくれる上司は実はそういない。

会社も結局は人なのだろうと思う。この上司のために頑張りたいと思える環境に身をおかせてもらえた事に感謝すると同時に、私もまたそういうPMであれたらと思うこの頃です。
[PR]
by lamusique | 2010-03-14 14:12 | たわいないお話

こんな土曜日

you tube の音楽をせっせとDLしていたらすっかり夜もふけてしまった。

今週末はすべての予定を断って一人おとなしく家にこもっていたのだけど、土曜も夕刻になると暇をもてあまして、久しぶりにお菓子作りにいそしんだ。彼と選んだ黄色のルクルーゼの大グラタン皿はプリンの入れ物として華やかに(?)デビュー。ただし、このやけに大きなプリンのできあがりはすこぶる悪くて、3口ほど食べたところで笑ってしまった。

味は甘めの茶碗蒸しのようで、何故かよく分からないけど、入れたはずのカラメルがすっかりとけて茶色い部分が無くなってしまっている。そもそも、卵を入れ忘れて牛乳と砂糖をまぜた液体をえんえんオーブンで温めていた時点で調子がおかしいじゃない。

ま、そんな日もあるさ( *‘∀‘ *)。




少し前に、ブッカー・T(オルガニスト)のライブを聴いてきた。
久しくライブ、そもそも音楽そのものから遠ざかっていた私には思いも依らぬ嬉しいお誘いで、ウキウキとして表参道はブルーノートに足を向けた。

大学時代からの戦友Y君はブルーノートのボックスシートを予約してくれた上にディナーまでご馳走してくれて、そのうち交際を申し込まれたらどうしようなどと思い悩んでいたら、精々足しげく合コンにいってるから男の人って分からない(笑)。

Y君は背が高くて音感もよく、ついでに運動神経もよさそうなのでアルゼンチンタンゴを一緒に習いにゆこうよと誘ってみたら、しばらく参考映像を眺めた後に「ちょっと、俺、こんな足を絡めるか絡まれるかのハレンチ勝負をまりもとはできへんわ(´゚'ω゚`)。いや、やっぱりできへんわー!!」と笑いだして、「ハレンチ勝負ってなんやねん!(笑)」となった私も気がぬけて、パートナーの話はどうでもよくなってしまった。

最近色々な人にデートに誘われるもので、今「MMK=モテてモテて困っちゃう」なのと豪語していたけど、妹にうちあけたら「気のせいだよ」と言われるし、パートナーは断られるしでなんか本当に気のせいだったような気がしてきた。

ま、そんな時もあるさ( *‘∀‘ *)。
[PR]
by lamusique | 2010-03-07 04:04 | 本日のまりも